幼稚園経営者様 外国人英語教師を採用してみませんか?

     外国人英語教師を採用してみませんか?

弊社はフィリピンのセブ島に工場があり、セブ市内には20を超える大学が
ございます。その中にも幼児教育を教えている学校もあります。
通常は現地幼稚園に就職することになりますが、この卒業見込みの学生や
現職の幼稚園教諭を採用してみては如何でしょうか。
外国語(英語)を教える先生や幼児英語クラス等があると保護者様からの
信頼も厚くなると思います。
(採用の際、大学の英語学科、幼児教育学科のどちらかをメインにしております)

セブを含むビサイヤ地区はフィリピンの中でも穏やかな性格を持っており
争いごとを好みません。実際ビサイヤ地区ではマニラ地区よりも労働組合なども
かなり少なくマニラの1割程度しか活動していません。
人当たりが良く、穏やかな性格ですが、マイナス部分はおっとりとし過ぎていることも
あります。


簡単な流れ
弊社現地で新聞広告、学校、提携幼稚園に採用人数を打診
         ↓
現地・スカイプ等で面接して頂き、採用者を決定
         ↓
日本にて在留資格認定申請を行います
(作成には弊社契約の行政書士に依頼していただく方が安全です)
         ↓
3-5か月後 認定書交付されましたら、早速日本へ


弊社はセブでの25年の工場実績と現地大学へのアプローチ、日本工場での在留資格の手続き
(技能実習生)を20年以上行っております。
両国のノウハウで他社よりもスムーズに、また低コストにてお手伝い出来ます。

詳しくは御社訪問し、状況説明させて頂きます。

ビザを習得するための日本の入国管理局より出されている条件ですが主に来日する人への
現在同職についている人と同等もしくは同等以上の給与の支払いというものがございます。
人を安く使いたいという方には難しい条件となっておりますのでご了承お願いいたします。


殆どの方が入管書類の経験がないかと思われますが、その辺もしっかりとフォローさせて頂き、
また日本に入国後も現地語(ビサイヤ語)や英語が話せる日本人がフォロー出来る
体制も別途別会社でご用意しております。

少しでも興味を持って頂けましたら連絡お待ちしております。


※必ずしも来日出来ることをお約束出来る保証はございません
 当社の判断によりお断りをする場合がございます
 特に同一市町村で複数からの依頼は先の園の方の利害を損なう可能性がありますので
 お受け出来ない場合がございます
 当社は人材斡旋業ではございませんので、園服等の依頼も考えて頂ければと思います
 日本の幼稚園教諭免許は所持しておりません
 基本的にセブを含むビサイヤ地区からの採用のみとさせて頂きます
 (身元確認等を行うのが他地域では困難な為)

現在対応出来るのが関東圏(東京入国管理局範囲内)となっております
それ以外の方でご興味のある方は別途交通費等が必要になります


2020年3月23日現在比国ではコロナウイルス対応の為、来比が出来ません。


お電話でのお問い合わせは 担当 手計 厳(テバカ イワオ)までお願いいたします。